ホームページ作成をするには?
image

ホームページ作成がしたいなら、まずはサーバーをレンタルする必要があります。レンタルサーバーを借りて、その上にサイトを構築するのが普通のやり方です。レンタルサーバーは月々数百円で高品質なものを借りることができます。 自動でデータのバックアップを取ってくれたり、容量がとても大きかったりしても、月額数百円程度ですから、誰にでも借りることはできるでしょう。学生でもまったく問題ないレベルの出費で済ませられます。 ホームページ制作ソフトは、有料のものもありますが、無料のものもあります。最近はフリーソフトにも素晴らしく高機能なものが多くなっているので、この点でもあまりお金がかかりません。 いいサイトを作ろうと思うと、デザインに凝るのが一番の近道です。デザイナーの人に依頼をしてもいいでしょう。ここではプロの腕を見せつけてもらうのが一番賢いかもしれません。プロのデザイナーの方なら、写真も撮影してきて、それで見栄えのいいサイトを作ってくれます。個人制作ではできないような、人目を引くサイトが手に入ります。 専門業者では他にもさまざまなサイトを構築する手伝いをしてくれます。ECサイトを作れば、ネット上で商品を販売することが可能になります。

ホームページ作成の注意点
image

ホームページ作成を行うことは、自らの会社や店舗の宣伝にも効果があり、それをネットから知ってもらえたら、宣伝効果にもつながり、売り上げが伸びることもあります。実際にホームページを作るときは、検索エンジンに表示されやすく、アクセスが多くなるようなものを作らないといけません。では、どんなことに注意して作成していけばよいのでしょうか。 アクセスを重視したホームページ作成を行うには、まずメインに使う画像にはホームページの運営者である会社や店舗のイメージに合わない画像を使用しないことです。運営者の業種とは全く関係のない画像をメインにしてしまうと、何をテーマにしたホームページなのか、見る側にとってはよくわからないからです。見る人が興味を持ち、利用してもらえるような画像を選択しましょう。 アクセスに関しては、キーワードが重要になってきます。だからといって、ホームページのタイトルにキーワードをたくさん入れたらよいということではないのです。検索エンジンでヒットしてほしいという気持ちはあっても、詰め込みすぎはよくありません。本当に多くの人からアクセスしてもらいたいのなら、タイトルにはキーワードを2~3個くらい、特定の場所でレストランをやっているところなら、「渋谷レストラン」という感じのキーワードを入れて、よくアクセスされるようなタイトルをつけてみましょう。

フレンドサイト

ホームページ作成は自分でwebサーバを構築しFTPでファイルをアップロードすればよいのですが、セキュリティ上の問題など複雑な設定が必要になるケースが多いため、業者に依頼するのが一般的です。